FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さん、お子さんを誉めていますか

10 お母さん、お子さんを誉めていますか 

お母さん、お子さんを誉めていますか
(全日本家庭教育研究会)
 

1、1日の中でほめる(られる)のと叱る(られる)のとでは、どちらが多いですか・・・


アンケートをとると、親も子どもも叱る(られる)ことのほうが、圧倒的に多いのです。しかし、「(幼児の自立など)やる気になったのは」との質問で、叱られて奮起した子は、ほんのわずかです。




2、子どもが「自立する」ということは・・・

自分で「できる」ということではなく、自分で「する」ということ。「やる気」が大切なのです





幼児前期(2~3歳)では、自立の意識(自分でする!)を獲得することが課題です

・「自分で靴をはく!」という意欲をみつけたら、「えらい!」と、ほめて下さい。=意欲を認める。

・がんばってはけたら、「すごい!」と、さらにほめて下さい。=自信をつける。

・周りの人にほめられたら、「よかったねー」と、加えて。=皆に認められた満足感を味あわせる。


幼児前期(4~5歳)では、自発・積極性の意識(次はこれ!)を獲得することが課題です

・「~ゴッコして遊ぼう!」というのを見たら、「よく遊べるわねー」と、ほめて下さい。=この時期は、全ての遊びが学習です。

・次々に遊んでいたら、「たくさん遊べるわねー」と、ほめて。=遊びは、知的好奇心の発露です。

・母(父)の日のお手紙、七夕のささ飾り、買い物コッゴのお金などで「字を教えて!」と来たら、「字も書けるのー」と、教えましょう。=遊びの必要から文字・数の勉強に発展、楽しさが拡大。






3、ほめ上手になるということ・・・


ほめることは、親の仕事です。子どもは、ほめられて適度な有能感を育て、叱られて適度な罪悪感を味わい、行為の基準を自分で作りながら自立していきます。





やる気にさせるほめ方

◇ その場でほめる・・・子どもが努力していると思っているタイミングを大切に。

◇ 心からほめる・・・口先だけのお世辞では、表情や態度で見破られる。子育ては、真心で。

◇ 期待を感じさせるようにほめる・・・「さすがだね!」と。

◇ 人と比べないでほめる・・・兄弟や友達と比べられても、あまり嬉しくない。

◇ 努力をほめる・・・結果が出なくても、挑戦や努力を大切に。

◇ 一緒に喜ぶ・・・共に、我がことのように喜ぶ親の姿が、心を動かす。

◇ 変化をつけてほめる・・・ほめ言葉や態度を工夫する。

◇ 物を与えないでほめる…欲しいのは物ではなく、親に認めてもらいたい精神的満足感




*可愛くば、2つ叱って3つほめ、5つ教えてよき人となせ、です。
スポンサーサイト

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Extra

文字拡大ツール


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

パーツ





ジオターゲティング



プロフィール

プロシード3

Author:プロシード3
管理者プロフィールは こちらです

おすすめ





最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

子育て


岐阜県子育て家庭応援
キャンペーン参加店舗

有限会社プロシードは 
岐阜県より岐阜県子育て
家庭応援参加店舗に
認証されました
当社は 温暖化防止の
チームマイナス6%に 
参加しています
岐阜商工会議所
会員コード0061135

バンクバー

時計

検索フォーム

ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

グループバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

オリジナルヒーリング

やすらぎのヒーリング22-プロシードオリジナルproceedx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。