FC2ブログ

Entries

授業ノートの充実と家庭学習

3 授業ノートの充実と家庭学習

授業ノートの充実と家庭学習
(ポピー教育対話主事 平池先生)

 今年の4月に、文部科学省が公表した全国学力テストの結果では、前回2002年に行われたときの同一問題で比べると、教科や学年別の正答率は、一部を除いて上昇し、児童・生徒の学力が回復傾向にあることを示しています。

 一方、標準学習時間を前提にして、あらかじめ想定した正答率からみれば、「必ずしも学力低下が克服されたとは言えない」との、国立教育政策研究所の指摘もあり、その中で今後の課題として取り挙げられている内容の概要は次のことです。
         

     小 学 校                                   


 国語

・自分の意見を明確に書く記述力・表現力。

・自分の考えを明らかにしながら、文章を読み解く。

      中 学 校 

 国語
・文章に即して読みを深め、考えをまとめる。

・読み手を意識した推敲や評価、批評をする。



     小 学 校

 算数



・数量の関係を式に表して解く。

・自分の考えを持ち、問題を解く過程を大切にする。

  
      中 学 校 
 数学 
・方程式は答えを出すだけでなく、解く意味を理解する。

・考えや証明を記述する。



 英語

(中学)指示された話題について記述する。さまざまな話題についてまとまった文章を書く。リスニングは多様な表現があることを理解する。





 基礎的な理解と同時に、このような課題をふまえた家庭学習法の一つとして、授業ノートの充実を考えてみることができます。

 教科書を読むたびに自分の考えが浮かびます。授業中の説明や話し合いの中に、自分の納得の仕方や説明の仕方があります。問題集の中には新たな発見があり、注意すべき事項のとらえ方があります。

 「理解する・覚える」ことは大切ですが、そればかりですと、自分の学習の仕方が他の人の説明している筋道に寄り添ってしまうことがあります。家庭学習の方法を強化する意味から、自分の考え方を積極的にノートに表現してみましょう。

・ノートは教科別にしましょう。

・ノートの各ページの右1/3程度は、自分の表現の欄に当て、考えたことや説明を書き込むようにしましょう。

・教科書を読むときには、友だちに説明する気持ちで題をつけ、要点とその説明法を考えてみましょう。

・授業中のノートは、板書のほかに、説明された内容の要点を書き、書き落としがあれば、ノートの右側に、「ポピー」を参考にして説明を書き加えましょう。

・問題集の中で、自分にとって重要事項と考えられることがらには大きく印をつけ、授業との関係を授業ノートに書き加えておきましょう。
スポンサーサイト

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Extra

文字拡大ツール


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

パーツ





ジオターゲティング



プロフィール

プロシード3

Author:プロシード3
管理者プロフィールは こちらです

おすすめ





最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

子育て


岐阜県子育て家庭応援
キャンペーン参加店舗

有限会社プロシードは 
岐阜県より岐阜県子育て
家庭応援参加店舗に
認証されました
当社は 温暖化防止の
チームマイナス6%に 
参加しています
岐阜商工会議所
会員コード0061135

バンクバー

時計

検索フォーム

ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

グループバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

オリジナルヒーリング

やすらぎのヒーリング22-プロシードオリジナルproceedx